読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

移住できるかな

都会生活を満喫してきた人が移住をしようかなと思っています

移住したくなった経緯

なぜ都会大好き自称サブカル女子(女子じゃない)が地方移住など考え始めたのか。

別に逃げたいとかじゃなく、転職したぴーあーるかんれんの会社で地方自治体の案件に触れて、キラリと光る地方自治体の取り組みがあって、そこの説明会に行ったのがきっかけ。

その後2回位、移住フェアなんかに行ってみた。

地域おこし協力隊も募集してるから自治体頑張って呼び込もうとしてるんだけど、年齢制限が多いところおおくて。年齢聞かれると割りとフェイドアウトされるよね…。

 

転職も苦労したんだけど、なんで30代までなんだろう。
40代はもういらないんだろうか。

ハッ、暗くなってたらこの先生きていけないわ。

とにかく、とある自治体の面白いぴーあーるがきっかけで地方自治体の取り組みに興味もったのでした。

 

モノをたくさん捨てた話

エコにもスピリチュアルにもボランティアにも興味ないし、意識も高くない、ただのミーハーななので、とにかくモノを所有していた。

夏からちょっとずつCD、本、パソコン、ガジェットなどを売った。

20年溜め込んだ東京の文化的な生活(笑)が形になったものをどんどん捨てた。売った。

自分にとってすごく価値があると思っていた美術書などが全く売れナかったことにショックを受けた。持ってても意味ないなってやっと気づいた。

そこからもっと捨てた。そのあと離婚もした。子供がいないのは幸いだ。

 

モノは持った瞬間ワクワクするけどそのあとはどうでもいいことが多いなって思った。

 

モノが少ないと、選んだり、悩んだりしなくて済むので新しいことができると思ったよ。

 

お別れは悲しいけれど、少し経つとどうでもよくなる。欲しければまた買えばいいよ。

段ボール2個で上京して、今も2個分

段ボール2個分だけ荷物持って上京したんだけど、それから20年経って、今は同じくらいの荷物と、ほぼベッドだけのゲストハウス暮らし。

 

なんとなくすごいことが起きそうな気がしてたのに、楽しかったけど、何も残らなかったうたかたの日々。40歳になったときは悩んだね-。でも行動派だからまた新たな出会いがあったんだよね。

 

それは地方✨️

 

それが凶と出るか吉とでるか!

 

そうだ!移住はどうだ!

岡崎京子の「東京ガールズブラボー」をよんであこがれて上京。おしゃれでヒップでクリエイティブっぽい生活をしてきたつもりだけど、気がついたら何かになっているようで何でもない。これからどうしようか。そうだ!移住はどうだ!

…というテーマで書いてみようと思います。